teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:29/3910 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

wwfes 2018|楠美奈生(ダンサー・ロルファー)|からだの時間のワークショップ[企画:福留麻里]

 投稿者:BAL  投稿日:2018年 4月21日(土)14時19分44秒
  通報
  講師:楠美奈生(ダンサー・ロルファー)
キュレーター:福留麻里

4/27[金]13:00-15:00
北千住BUoY
2000円

私たちの持っている身体が携える大きな時間のスケールに少しだけ触れようとしてみる。
胎児(には限らず生命)の発達 成長の過程で、感情というものは関係なく、私たちの生きているこの環境には命が生まれ 育ち、維持されて行く働きが昨日も今日も明日も 100年前も 働きかけられているらしい。
生命の1番初めは液体で、海の中にいてまず膜ができたことで個体としての進化が始まったこと 生きるために必要なカルシウムは水の中ではそこら中にあるけど、陸に上がるために骨に蓄えたこと。
例えば、身体の中の硬いものを液体として捉えて動くだけでもタイムスリップなのかもしれない。

楠美奈生|Nao Kusumi
ダンサー・ロルファー。東京生まれ練馬育ち。中高校六年間を飯能の山奥の学校で過ごす。5歳からダンスを始め、クラシックバレエ、アジア民族舞踊を学び、ダンサーとして木佐貫邦子、近藤良平、上村なおか、福留麻里の作品に参加。コロラド州ボルダーのThe Rolf Institute®?でトレーニングを経て現在ロルフィング®?の個人セッションを高田馬場にて提供する。オステオパシーのバイオダイナミクス、コンティニュアム等の学びを続けつつ、桜美林大学芸術文化学群、日本大学芸術学部で講師を務める。合気道愛好家。

予約:http://bodyartslabo.com/wwfes2018/festival/ticket

会場:http://bodyartslabo.com/wwfes2018/festival/access

※この企画は「whenever wherever festival 2018 そかいはしゃくち」(主催:ボディ・アーツ・ラボラトリー、ディレクター:山崎広太、キュレーター:福留麻里/aokid/村社祐太朗/七里圭)の一環として行われます。
・wwfes 2018 詳細:http://bodyartslabo.com/wwfes2018/festival

http://bodyartslabo.com/wwfes2018/festival/fukutome_3.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:29/3910 《前のページ | 次のページ》
/3910