teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:27/3920 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【観覧者募集:身体障がいのある人も参加するダンス振付ワークショップのショーイング】

 投稿者:クリエイティブ・アート実行委員会  投稿日:2018年 5月 8日(火)15時44分51秒
  通報
  5月13日(日)、イギリスの振付家・舞踊研究家アダム・ベンジャミンによる「振付ワークショップ」で制作した作品のショーイング(上演)をいたします。

アダム・ベンジャミンは1991年以降、身体障害のある人とない人達がどのようにダンスをつくっていけるかをテーマとして活動してきた振付家・舞踊教育家です。ここでは時間と空間をどのように動き(ムーブメント)によって構成していくかを探求していきます。特に身体障害のある人達との動きをどのようにユニークな表現として取り入れていくかを学び、グループで振付を行います。
【アダムHP】 https://www.adambenjamin.co.uk/

今回は“Integrated Dance Company 響-Kyo/インテグレイテッド・ダンス・カンパニー響”のメンバーも参加し、一緒に作品をつくっています。

■日時
5月13日(日) 16:30~(40分程度)

■参加費
無料

■場所
金杉区民館下谷分館 多目的ホール
https://www.city.taito.lg.jp/index/shisetsu/hall/kuminkan/kuminkan6.html

■申込み・問合せ先
お名前・人数をお知らせください。

クリエイティフ?・アート実行委員会 (事務局:ミュース?・カンハ?ニー)
電話 03-6426-5182  Fax03-6426-5183
e-mail:Musekk@aol.com
URL: http://www.musekk.co.jp
facebook: https://www.facebook.com/artmusekk

*******

【アダム・ベンジャミン プロフィール】
1991年、身体障害を持つダンサーと共に“CandoCo”ダンス・カンパニーを設立。共同芸術監督を経て、現在、Plymouth UniversityのTheatre and Performance部の講師、RussellMaliphant、伊藤キムなど多くのアーティスト達とのコラボレーションを行なう他、Scottish DanceTheatre,The Besht Tellers,A&BC Theatre Company, StopGap などのカンパニーへの振り付けも行なう。Wingate Scholar, a RayneFellow、ロンドンのThe placeのアソシエイト・アーティストでもある。著書に障害のある人達とない人達とのダンスの理論と実践書である“Making anEntrance” (Routledge 2001)がある。

******
【Integrated Dance Company 響-Kyo/インテグレイテッド・ダンス・カンパニー響】
2014年、車椅子を利用するダンサーを交え、多様な身体性を活かして新しい舞踊表現を拓いていくべく設立、社会とアートをつなぐ活動として注目を集めている。鈴木ユキオ、岩淵多喜子、Didier Theron,、スズキ拓朗、thomas Noone, 平原慎太郎等、国内外のアーティスト達とのコラボレーションを図るなど意欲的な取り組みを展開中。

https://www.facebook.com/events/1941541509254313/

 
 
》記事一覧表示

新着順:27/3920 《前のページ | 次のページ》
/3920