teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/4343 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【セゾン文化財団2022年度 《現代演劇・舞踊公募プログラム》公募のお知らせ】

 投稿者:セゾン文化財団  投稿日:2021年 9月 7日(火)10時53分36秒
  通報
  公益財団法人セゾン文化財団では、
8月2日より「2022年度 《現代演劇・舞踊公募プログラム》」公募を開始しております。
現代演劇、現代舞踊等の分野での活動を対象に、
アーティストの創造活動を支援するセゾン・フェロー他、各プログラムに従って申請を受け付けます。
なお、プログラムごとに申請書交付及び提出締切日が異なりますのでご注意ください。

セゾン・フェローにつきましては、
申請書交付の締切が9月22日(水)、申請書提出の締切が9月30日(木)となります。

セゾン・フェローは、現代演劇・舞踊界での活躍が期待され、劇作、演出、振付に対する優れた構想と実績をもつ芸術家の創造活動を支援対象としたプログラムです。フェローに選ばれると、年間の活動経費全般を対象に、その一部に対して助成金を交付します。希望者は公演稽古、ワークショップ開催の場として森下スタジオ(稽古場、ゲストルーム)の優先使用や情報提供が受けられます。

●助成内容:
芸術家個人が、直接かかわる舞台芸術の活動に対して助成金を交付。助成金の使途は、フェローと相談のうえ決定する。原則、下記の期間にわたって助成を行うが、継続の可否に関しては毎年見直す。
○セゾン・フェローI  100万円 /年 2年間継続
○セゾン・フェローII  250万円~300万円 (2021年度実績) /年 3年間継続
但し、セゾン・フェローIの助成歴がなく、セゾン・フェローIIとして新規採択された場合:
○セゾン・フェローII    100万円~300万円/年 4年間継続
●申請条件
セゾン・フェローI:
a. 日本に活動の拠点を置いている
b. 2022年3月31日時点で40歳以下である
c. 過去3作品以上で劇作、演出、振付を担っている

セゾン・フェローII:
a. 日本に活動の拠点を置いている
b. 2022年3月31日時点で原則45歳以下である
c. 過去3作品以上で劇作、演出、振付を担っている
d. 以下のいずれかの要件を満たしている
 - セゾン文化財団の助成歴がある(フライト・グラント除く)
 - 戯曲賞/演出家賞/振付家賞等の受賞歴がある
 - 海外の著名なフェスティバル/劇場からの招聘歴がある
詳細につきましては下記サイトをご覧ください。
https://www.saison.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2021/07/2022guidelines.pdf
みなさまからのご申請をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

https://www.saison.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2021/07/2022guidelines.pdf

 
 
》記事一覧表示

新着順:6/4343 《前のページ | 次のページ》
/4343