teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:14/4383 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

DANCE BOXより、今週末のダンス公演のお知らせ

 投稿者:NPO法人DANCE BOX  投稿日:2022年 2月23日(水)10時21分53秒
  通報 編集済
 
コンテンポラリーダンスクラス 成果上演  「稽古の言葉」


「国内ダンス留学@神戸」7期の開始とともに、朝のレギュラークラスの一つとして、岡登志子氏によるコンテンポラリーダンス・クラスを実施しています。

6名のダンサーたちが、コンスタントにクラスに参加することを通して、自身の身体と真摯に向き合い、身体で思考し、地道に積み重ねてきた時間。それは単なる技術の上達だけでなく、それぞれの表現に少しずつ厚みを織り込む時間でした。

この公演では、約7ヶ月の成果として、前半は繰り返し積み上げてきたダンスメソッドをピアノの生伴奏で公開します。後半では、継続的に行ってきた舞踏家・大野一雄氏の書籍『稽古の言葉』を題材とした即興を披露します。

「国内ダンス留学@神戸」では、彼らの表現活動の基盤を支えるダンス・メソッドを共有し、その成果を発表する、初めての試みとなる公演です。是非お立ち会いください。

※『稽古の言葉』(フィルムアート社 1997 年 著者:大野一雄 編者:大野一雄舞踏研究所)

【概要】
日時:2022年2月27日(日)17:00
会場:ArtTheater dB KOBE
料金:1,000円(学生:500円)

演出・構成・指導:岡登志子
ピアノ:あづみぴあの
出演:秋田乃梨子、石山樹野、川崎萌々子、楠田東輝、久保亜樹子、小松菜々子

演出助手・指導補佐:桑野聖子
協力:大野一雄舞踏研究所、NPO法人ダンスアーカイヴ構想、Ensemble Sonne

【チケットの購入はこちら】
https://db-ticket.square.site
コンテンポラリーダンス・クラスの様子


【アーティスト情報】

岡登志子
振付家、ダンサー、Ensemble Sonne主宰
ドイツNRW州立Folkwang芸術大学舞踊科卒業。関西を拠点にドイツで習得したダンスメソッドを実践しながら、現代を生きる人間に共通する身体を通し人間の実存を問う作品づくりを行っている。2014年神戸長田文化賞受賞。2018年KOBE ART AWARD大賞、神戸市文化賞受賞。近作に「緑のテーブル 2017」(2017)、「Song of Innocence 無垢なるうた」(2020)など。https://www.ensemblesonne.com
(photo:Ami Matsumura)

あづみぴあの
ピアニスト KLAVIERAUM主宰
在独18年を経て、手相から読み解いたイメージを暗闇で弾くセッション【くらやみぴあの】、ニューギニア奥地に楽器を運び子供たちとWS、認知症の方と家族を繋ぐ【記憶を巡るコンサート】、物々交換コンサート、擦り出し散策【まなざしのWS】、ユニット【APINUN】等実験的なライブやWSを企画。

古代文字書家(雅号/音)としても活動中。

twitcasting.tv/c:azumipiano



【国内ダンス留学@神戸とは】
プロのダンサーや振付家を志望する人を対象に、神戸・新長田の劇場を拠点に、座学・実技を通して徹底的にダンスに取り組む8ヶ月間のプログラムです。2012年に始まり、これまで72名のアーティストを輩出しています。第一線で活躍する豪華講師陣による定期的なクラスやワークショップ、また、振付家を招聘しての公演、ソロ作品のクリエーション、成果上演など、8ヶ月かけて自身の身体や思考を駆使し、日々ダンスに打ち込みます。この一連の流れを通して、20年後も活動を展開し続けることのできるような底力のあるダンサーや振付家の育成を目指します。


【公演に関するお問い合わせ】
NPO法人 DANCE BOX
TEL 078-646-7044
FAX 078-646-7045
MAIL info@db-dancebox.org

主催:文化庁、NPO法人DANCE BOX
企画・制作:NPO法人DANCE BOX
後援:(公財)神戸市民文化振興財団
文化庁委託事業「令和3年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」国内ダンス留学@神戸7期??

https://www.facebook.com/events/328349325881854

 
 
》記事一覧表示

新着順:14/4383 《前のページ | 次のページ》
/4383